介護士から異業種へ転職したい!今すぐ辞めたい人に待ち構える困難と可能性

さまざまな職業

みなさまこんにちわ!介護士MツイッターYouTube)です!

「介護士の寿退社」って聞いたことはありますか?最近はあまり聞きませんが、ひと昔前にはよく聞いた言葉で、「女性が結婚して退職すること」ではなく、「介護士の男性が結婚して収入が低く家族を養えないために他の職へ転職すること」を皮肉った言葉でした。

転職を考える理由は人それぞれだと思います。職場の人間関係や給料が少ない、体力的に厳しくなってきて…など、色々あると思います。

介護士から異業種へ転職したい、そう思うことは誰でも一度はあるのではないでしょうか。(そんな私もあります…)

今までの経験から、そんな風に考える介護士の方に待ち構える「困難」そして「可能性」について考えてみました!

元介護士が転職しやすい異業種の職種

介護士面接

介護士が異業種へ転職したい場合、一番よいのは「今までの経験を活かせること」ではないでしょうか。「介護士の強みと弱み」って何なのでしょう?

もちろん人それぞれですが、「きつい仕事にも耐えられる忍耐感」や「弱い人を助けられる優しさ」など色々あると思います。そんな経験や性格を次の仕事に活かすにはどんな業種があるのでしょうか!?

飲食業・接客業

介護士はコミュニケーション能力が高い人が多くいます。レクリエーションで場を盛り上げたり、認知症や頑固な高齢者と接することになれていたり、色々な人と合わせられる介護士は、飲食業や接客業のような「対人業務」に向いていると思います!

また、整理整頓や衛生面も介護士として気を付けている点だと思いますので、飲食業などは向いている仕事と言えるのではないでしょうか?

製造業

忍耐強く仕事をこなす介護士は、オムツ交換なども淡々と我慢強く行います。製造業などのコツコツと作業を行う仕事も向いている仕事と言えそうです。

実際、私の知り合いでも介護士を辞めて製造業(工場のライン業務)に従事した人がいました。ただし、その方は介護士に戻ってきました。理由は「対人業務に戻りたい」と言う理由でした。

建築業

異業種から介護業界に入ってくる人の中には、「資格を取ってスキルアップが出来る業界だから介護業界を選んだ」という人が大勢います。確かに、初任者研修→実務者研修→介護福祉士→介護支援専門員など、スキルアップをしていくことが可能な業界です。

同様に建築業界も、資格や経験でスキルアップが出来る業界です。実際、建築業界は空前の人手不足と聞いています!知り合いの建築関係の方から聞くのはとにかく若手がいないと言う声です。スキルアップをしたい、というモチベーションを持った介護士には向いている業界かもしれません!

リラクゼーション業界

対人業務に慣れている介護士は、人とコミュニケーションを取ることや人のためになることをするのが得意だと思います。最近よくある、マッサージ店や整体など人に直接触れる仕事は介護にも通じる部分があります。

もしかしたら身体を酷使する介護士の方も通っているかもしれません。そんなリラクゼーション業界も介護士にはうってつけかもしれません。

福祉用具など間接的な介護業界

異業種、とは言えないかもしれませんが、介護士から転職して福祉用具の業界に行く人はたくさんいます。直接の介護業務ではありませんが、今までの経験を一番活かせる仕事かもしれません。

福祉用具は主にケアマネジャーへの売り込みが大きな役割となりますが、介護士の業務の中でもケアマネとは接することがあると思いますので、すんなりと入っていけると思います。

元介護士が不利になる職種

いろいろな職業

元介護士だからと言って皆が不利になる職種は、必ずしもないと思いますがやはり全く未経験の職種に入っていくことは誰もが不安だと思います。「介護士が不得手なことってなんだろう」そんな視点から考えてみました。

営業系の仕事

介護士は、比較的狭い人間関係で完結する仕事です。特に施設であれば、働く職員は顔なじみ、利用する入所者も顔なじみ、たまに家族や他の施設の人がくる、そんな環境で長く働く場合があります。介護士の多くは、人当たりが良い人が多いですが、それは限られた人間関係の中でだったりします。不特定多数との関係を短時間で築き上げる営業職とは少し対局にあるような仕事だと思っています。

介護士は、「感謝されることが多い仕事」です、でも営業職は「断られる(否定される)ことが当たり前な仕事」だと思います。そんな意味からも、対極な仕事なのではないかと思います。

以前それなりの年齢の後輩に、名刺の受け取り方や渡し方が分からない介護士がいました。彼は新卒から介護士として頑張ってくれており、介護士としては優秀だったのですが、名刺交換の経験が無かったそうです。それはそうですよね、今まで名刺を持ったこともなかったので…。

その時に私が思ったことは、経験をさせてあげてこなかった自分のミスで彼に恥ずかしい思いをさせてしまったと言う反省です。

事務系の仕事

介護の仕事は今でも紙で記録を残すことが多くあります。昔に比べればパソコンなどの機器も充実してきましたが、皆に行き渡るほど充足している環境とは言えません。新卒や若手は学校で学んで来たりしていますが、特に高年齢の方は苦手な人が多いと思います。

元介護士の転職組が異業種の採用担当者からどう思われているか?

採用担当者

異業種の採用担当者が介護士をどのように見るのでしょうか?

一般的な介護士のイメージは、

  • 夜勤などがあり、きつい仕事・・・65.1%
  • 社会的に意義のある仕事・・・58.2%
  • 給与水準が低い仕事・・・54.3%
  • やりがいのある仕事・・・29.0%
  • 自分自身も成長できる仕事・・・18.0%
  • 将来に不安がある仕事・・・12.5%

(内閣府世論調査:H22.9介護保険制度に関する世論調査:介護職に対するイメージより)

https://survey.gov-online.go.jp/h22/h22-kaigohoken/zh/z14.html

このように言われています。「きつい仕事だけど、社会的に必要な仕事!」と言う認識は、社会全体に広がっていると思います。

理由があって転職を決意するのであれば、「介護士だから」という理由でマイナスになることはないと思います。プラスになるかは…担当者次第かもしれません。

今すぐ辞めたい!と思っている介護士へ私からのアドバイス

介護職は給料が安いと言われるけど、本当にそうなのでしょうか?実は私は、全くそうは思っていません。

確かに、統計などでは「給料が安い仕事」となっていますが、もっと給料が安い仕事は他にもたくさんあると思います。介護業界が、急激に拡大したお蔭で「そのような悪い面が過度に取り沙汰されている」気がしています。

実際、かなり待遇がよい求人もたくさんあります。(でもそういう所は人が辞めないので空きが出にくいのですが)

「隣の芝生は青い」と言いますが、私は他の職種を経験することは良い事だと思っています。そして、介護士の仕事を辞めてもまた介護士に戻ってくる人をたくさん見てきました。それは、給料や待遇だけではない「やりがい」や「魅力」が介護士にはあるからだと思います。

介護業界を離れた人が色々な経験をして、また戻ってきてくれてより良い介護業界にしてくれると、業界全体がもっと良くなると思います!

辞めたい理由は働いている環境が悪いケースもあります。介護転職サービスを使ってホワイト求人を紹介してもらう方法がおすすめです!

[blogcard url=”https://kaigo-mikata.info/osusume/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です